« 敦煌學:第二個百年的研究視角與問題 | トップページ | 張鐵山先生より »

2012/09/12

荒川慎太郎先生より

Arakawa, Sh. 2012: Re-analysis of "Tangut-Tibetan" Phonological Materials. In: N. W. Hill (ed.), Medieval Tibeto-Burman Languages IV, Leiden/Boston, pp. 171-189.
ザイツェフ (Zaytsev, V. P.) 2012: 荒川慎太郎(訳)「ロシア科学アカデミー東洋文献研究所所蔵契丹大字写本」『内陸アジア言語の研究』27, pp. 123-159.
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所『フィールドプラス (FIeld +)』No. 8, 2012.07.

原書と抽印のご恵贈に与る。ありがとうございました。
『フィールドプラス』の巻頭特集は荒川先生が編集を担当された「契丹文字解読の最前線」。松川節・武内康則・武田和哉・呉英喆・古松崇志の各氏がご寄稿。

|

« 敦煌學:第二個百年的研究視角與問題 | トップページ | 張鐵山先生より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/55641247

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川慎太郎先生より:

« 敦煌學:第二個百年的研究視角與問題 | トップページ | 張鐵山先生より »