« 笠井幸代さんから | トップページ | 敦煌學:第二個百年的研究視角與問題 »

2012/08/24

新疆ユルドゥズ草原調査

思い立って11ヶ月ぶりの更新です。
科研費「シルクロード東部の文字資料と遺跡の調査」(基盤研究A)により,中国新疆ウイグル自治区のユルドゥズ草原の調査。
荒川正晴先生を隊長に,高橋照彦先生,白玉冬さん,坂尻彰宏さん,赤木崇敏さん,鈴木宏節さん,齊藤茂雄さん,西田祐子さん,木嶋咲子さんという面々。

・2012/8/12
Img_0638早朝に関西空港集合,CA162便で北京へ。ひさびさにブリッジ付け。ウルムチ行きCA1291便に乗継ぐ途中で,華北の調査に向かわれる澤本光弘さんと邂逅。T2発便への乗継ぎとのことだったが,大丈夫だったのだろうか。
ウルムチ便はほぼ定刻に出発。天山北麓上空からはバルクル湖も見えた。ウルムチ到着後,現地ガイドの郝氏の出迎えをうけ,宿舎のボグダ賓館へ。しかしウルムチ市内の渋滞には驚く。

・2012/8/13
Cimg1766月曜日で博物館が休館のため,午前はまず紅山公園からウルムチ市内を鳥瞰。
その後,いつもトゥルファンに行く際に横目で通過するだけの烏拉泊城址を参観。城内の墓葬は元代らしい。
ウルムチに戻って昼食ののち,夕方に新疆文物考古研を訪問して于志勇先生と会見。さらに資料展示室を参観。2年前の「西域高踏論壇」のエクスカーションで訪問した際から格段に改装され,またアルタイをはじめとする諸処での最近の新出資料を瞥見。サカの黄金製品など。撮影禁止なのは致し方ないが残念。

・2012/8/14
Img_0662午前は新疆博物館を見学。常設展は数年来ほとんど変更無し。併設の特別展は内モンゴル博物院のモンゴル時代の文物の展示。一昨年はフフホト文物考古所の資料室で見学するだけだった至元鈔の写真が撮れたのは幸運。
午後,ウルムチを発ち,トクスンを経由して和静へ。トクスン以南は私にとっては初体験。ウルムチ〜トゥルファン〜トクスン間の風力発電設備は年々拡充されている様子。車も吹っ飛ぶほどの強風地帯を利用しない手はあるまい。
20:00,和静東帰賓館到着。特別の許可が無いと,外国人は和静には泊まれないらしい。

・2012/8/15
Cimg2051和静を出発してユルドゥズ草原へ向かう。宿所となるバインブラクまでは320kmの道程。
まずは和静から烏拉斯台河を北に遡って小ユルドゥズ(Baga-Yulduz)草原に入る。道路沿いの漢族料理店で昼食。
昼食後,バインブラクまでの道路が閉鎖されているため,クネース河の渓谷地帯からナラティを経由するルートへ。チャガタイ=ウルスの根拠地でもあったクネースを望見できたのはむしろ僥倖。
バインブラクの白天鵝賓館に到着。

・2012/8/16
Cimg1999午前は,大ユルドゥズ草原を南西に向かって天山に入る手前まで,草原の状況を検分。東西南北を山に囲まれたこの草原では,春夏秋冬にわたって遊牧が可能であり,天山以南に越冬する必要がないとされる。新疆出身のガイドの郝氏によれば,十年前にはもっと背が高い草が密生する重草原だったという。現地の牧民ともコンタクト。モンゴル族でウイグル語は少々解るものの,漢語はわからないそう。一旦ホテルへ戻る途上,突厥時代のものとされる石人も実見。西側にはマウンドもあるが,バルバルらしいものは見当たらない。
ホテルに戻って昼食後,午後はユルドゥズ草原と開都河を一望できる「九曲十八湾」へ。この草原がトルコ語で「星 (Yulduz)」と名付けられたのは,草原に広がる沼沢が陽光をうけて星のようにみえることから。NHK「新シルクロード」で放映されたようなシーンを撮るのは無理だが,白鳥も飛んでいたりで,それなりの景観。観光客も多数来ていた。

・2012/8/17
朝,バインブラクから往路を引き返して和静へ。ユルドゥズからのナラティへ北上する峠では,急峻な崖沿いにも牛・羊を放牧する牧民あり。クネースの渓谷地帯も再通過。夕方,再び和静東帰賓館に。

・20128/18
Cimg2104朝,和静を発って焉耆へ向かう。途上,まずは唐代の焉耆唐王城とされる遺址を見学。といっても,遺構と呼ぶことすら難しいほんのわずかの城壁を除いて,ほとんど何も残っていない。
続いてシクシン遺跡へ。この遺跡も仏教壁画で有名。いくつかは東洋文庫DSRの公開データでみることができる。しかし今では,巨大な仏寺遺構が現存しているにもかかわらず,壁画類はほとんど何も残っておらず,遺構内へ入ることもできないとのこと。
午後はボスタン湖を見学するため,焉耆から9km南方の博湖県へ。ガイドの郝氏の同級生で,現在同県の農業関係の要職にある浦氏を交えて昼食,焉耆地方の農業情報をご教示いただく。その後,まずは開都河がボスタン湖に流れ込む地点,さらにボスタン湖から孔雀河が流れ出す地点を見学。夕方,焉耆のガジル飯店へ。ラマダン中でラストランも休業,明日朝の朝食も無し。郝氏のはからいでルームサービスになるという。

・2012/8/19
焉耆を発ち,高速道路でウルムチへ。焉耆周辺のオアシスは,開都河の水流で実に豊か。夕刻,ウルムチのボグダ賓館に帰投。

・2012/8/20
Img_0665早朝,ウルムチ空港からCA1296便で北京へ。乗継ぎ時のチェックインも不要となっており,スムースに出国・セキュリティチェックを通過。
関空行きCA161便のゲートでは,モンゴル国〜洛陽の調査を終えて帰国される村岡倫先生と邂逅。
予定通り15:55に搭乗開始。しかし,本来16:25離陸の予定が,北京〜大阪間の空路の天候が不調ということで遅れまくり。いったん駐機場に戻って機内食のサービスまで始まる。あまりの遅れに近所のフランス人は猛抗議し,ビジネスクラスに席替えしてもらったらしい。さすが欧米人はタフネゴシエータだ(日本の外務省も見習って欲しい)。その間,村岡先生からは,新出のウイグル語岸壁銘文の写真を見せていただく。これは珍しい。
21:00,4時間30分遅れで離陸。
深夜0:30,4時間遅れで関空到着,全員ぐったりして解散。

|

« 笠井幸代さんから | トップページ | 敦煌學:第二個百年的研究視角與問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/55495923

この記事へのトラックバック一覧です: 新疆ユルドゥズ草原調査:

« 笠井幸代さんから | トップページ | 敦煌學:第二個百年的研究視角與問題 »