« 荒川慎太郎先生より | トップページ | 内陸アジア出土古文献研究会6月例会 »

2011/04/27

世界史の中のシルクロード

九州・シルクロード協会創立20周年記念シンポジウム
「世界史の中のシルクロード」

日時:2011年6月5日(日)13:00~16:30
会場:福岡アジア美術館内 あじびホール
(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8F)
後援:財団法人 福岡文化財団

講演の部
ウブリ・メフメトアリー(新疆ウイグル自治区文物局文物保護処処長)
「新疆におけるシルクロードの重要性と関連史跡の価値」

西谷正(九州大学名誉教授・九州歴史資料館館長)
「古代の九州・日本にとってのシルクロード」

宮本一夫(九州大学教授)
「草原シルクロードの意味―農耕文明との接触からみた青銅器時代・初期鉄器時代―」

松田孝一(大阪国際大学特任教授)
「モンゴル帝国時代のシルクロード」

パネル・ディスカッション
波平元辰(中村学園大学名誉教授)
丸山孝一(九州大学名誉教授)
森川哲雄(九州大学名誉教授)

連絡先:九州・シルクロード協会 http://blog.goo.ne.jp/kssilkroad/

事務局の舩田善之先生からご案内を頂戴する。舩田先生ありがとうございました。

|

« 荒川慎太郎先生より | トップページ | 内陸アジア出土古文献研究会6月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/51506164

この記事へのトラックバック一覧です: 世界史の中のシルクロード:

« 荒川慎太郎先生より | トップページ | 内陸アジア出土古文献研究会6月例会 »