« 中央アジア古文献の研究-にしとひがし-(ユーラシア言語研究コンソーシアム国際シンポジウム) | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会(最終告知) »

2011/02/23

国際ワークショップ「磚画・壁画の環東アジア」

2011年3月5日(土),10:00〜17:00
新潟大学五十嵐キャンパス,総合教育研究棟D棟1階大会議室

趣旨説明:關尾史郎(新潟大学)
佐々木正治(愛媛大学)「四川農業画像磚から見る漢代墓葬画像の発展と系譜―四川と甘粛の比較から」
三崎良章(早稲田大学本庄高等学院)「甘粛の磚画と遼寧の壁画―墓主像の比較を中心として」
高橋秀樹(新潟大学)「中国古代墓壁画に見られる西方的要素について―河西地域を中心として」
内田宏美(新潟大学)「画像資料に見る魏晋時代の武器―河西地域を中心として」
荻美津夫(新潟大学)「河西地域の磚画・壁画にみられる魏晋南北朝時代の楽器」
徐永大(韓国・仁荷大学校文科大学)「高句麗壁画に与えた遼寧壁画の影響について」(通訳あり)
司会:岩本篤志(新潟大学)・佐藤貴保(新潟大学)

主催:日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(A)「出土資料群のデータベース化とそれを用いた中国古代史上の基層社会に関する多面的分析」プロジェクト
新潟大学人文社会・教育科学系附置環東アジア研究センター
新潟大学超域研究機構「東部ユーラシア周縁世界の文化システムに関する資料学的研究」プロジェクト

關尾史郎先生からご案内を頂戴する。關尾先生ありがとうございました。
すでに關尾先生のブログや諸処で紹介されているが,当ブログでも念のため。
会場や懇親会の準備の都合上,参加の趣きには事前に事務局へのご連絡をとのこと。

|

« 中央アジア古文献の研究-にしとひがし-(ユーラシア言語研究コンソーシアム国際シンポジウム) | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会(最終告知) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/50948017

この記事へのトラックバック一覧です: 国際ワークショップ「磚画・壁画の環東アジア」:

« 中央アジア古文献の研究-にしとひがし-(ユーラシア言語研究コンソーシアム国際シンポジウム) | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会(最終告知) »