« 国際ワークショップ「磚画・壁画の環東アジア」 | トップページ | 第41回中央アジア学フォーラム »

2011/02/24

第11回遼金西夏史研究会大会(最終告知)

2011年3月19日(土)・20日(日)
大阪大学豊中キャンパス 文系総合研究棟 C501教室

3月19日(土)13:20〜18:10
田先千春(九州大学)「敦煌の布帛画 ──基底材選択とその背景に関する試論──」
ミニシンポジウム「遼・金・西夏研究の現状と展望」 〔150分〕
報告者:飯山知保(早稲田大学)・佐藤貴保(新潟大学)・高井康典行(早稲田大学)
司会:渡辺健哉(東北大学)
総会

3月20日(日)9:30〜15:00
藤野月子(九州大学)「中国における和蕃公主の降嫁について」
藤本匡(龍谷大学)「西夏法典中に見られる宗教規程」
荒川慎太郎(東京外国語大学)「2010年度内蒙古自治区文物考古研究所文献調査報告(西夏文文献編)」
山内晋次(神戸女子大学)「「東アジア史」再考──日本古代史研究からのアプローチ──」

既報の大会のプログラムが発表された。
参加の趣には,必ず研究会の本サイトをご参照のこと。

|

« 国際ワークショップ「磚画・壁画の環東アジア」 | トップページ | 第41回中央アジア学フォーラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/50948083

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回遼金西夏史研究会大会(最終告知):

« 国際ワークショップ「磚画・壁画の環東アジア」 | トップページ | 第41回中央アジア学フォーラム »