« モンゴル帝国期多言語文書史料群と歴史研究:イランと中国を中心として | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会 »

2010/12/07

『内陸アジア言語の研究』25, 2010

大澤 孝 2010:「ホル・アスガト碑銘再考」『内陸アジア言語の研究』25, pp. 1-74.
Ching Chaojung 慶昭蓉 / Hirotoshi Ogihara 荻原裕敏 2010: Internal Relationships and Dating of the Tocharian B Monastic Accounts in the Berlin Collection. Studies on the Inner Asian Languages 25, pp. 75-141.
Peyrot, Michaël. 2010: Notes on the Buddhastotra Fragment THT3597 in Tocharian B. Studies on the Inner Asian Languages 25, pp. 143-169.
高橋文治 2010:「1258 年山西浮山県天聖宮給文二碑札記」『内陸アジア言語の研究』25, pp. 171-186.

先月中旬には雑誌のサイトに目次が出ていたが,ようやく手許に。
大澤先生の論文は,突厥王族の氏姓「阿史那」にあたる古代トルコ語の Ašïnas を初めて読み取った。
慶・荻原論文の出破暦の分析は,現在進行中の科研で対象としているウイグル文の同種文書の研究にも示唆する点が少なくない。

|

« モンゴル帝国期多言語文書史料群と歴史研究:イランと中国を中心として | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/50234284

この記事へのトラックバック一覧です: 『内陸アジア言語の研究』25, 2010:

« モンゴル帝国期多言語文書史料群と歴史研究:イランと中国を中心として | トップページ | 第11回遼金西夏史研究会大会 »