« 『東洋史研究』69-2, 2010 | トップページ | モンゴルの中世期(10~12世紀)岩窟葬におけるケレイト・ナイマン・契丹的要素 »

2010/10/14

平成22年度九州史学会大会東洋史部会

日時:2010年12月12日(日)9:00~
会場:九州大学(箱崎地区)文系講義棟

ミニシンポジウム「モンゴル帝国の中国支配とその社会―石刻史料による成果と課題」
発表者:村岡倫(龍谷大学)・松田孝一(大阪国際大学)・井黒忍(早稲田大学)・森田憲司(奈良大学)
コメンテーター:舩田善之(九州大学)

森田憲司先生からメールでご案内をいただく。
報告タイトルなどは,いずれ,九州史学会のウェブサイトに正式の案内が出るだろう。
このように2ヶ月前くらいにおおよそでも内容がわかっていると,僻地にいる身としては日程調整もしやすく有難い。

|

« 『東洋史研究』69-2, 2010 | トップページ | モンゴルの中世期(10~12世紀)岩窟葬におけるケレイト・ナイマン・契丹的要素 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/49739028

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年度九州史学会大会東洋史部会:

« 『東洋史研究』69-2, 2010 | トップページ | モンゴルの中世期(10~12世紀)岩窟葬におけるケレイト・ナイマン・契丹的要素 »