« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/24

北庭歴史文化研究

薛 宗正 2010:『北庭歴史文化研究』上海古籍出版社。

口絵には,楊襲古碑文や,近年ジムサル近辺で発掘されたルーン文字銘文の写真が載る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/23

荒川慎太郎先生より

荒川 慎太郎 2010:『西夏時代の河西地域における歴史・言語・文化の諸相に関する研究』科研費報告書 (No. 19520598)。
荒川 慎太郎 2010:「西夏語の格標識について」澤田英夫(編)『チベット=ビルマ系言語の文法事象1:格とその周辺』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,pp. 153-174.
荒川 慎太郎 2009:「西夏語音復元のための各種資料」『世界史の研究』221(歴史と地理629)山川出版社,pp. 27-35.

科研費の報告書と玉稿を拝領。荒川先生ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/22

坂尻彰宏さんより

坂尻 彰宏 2010:「大英図書館蔵五代敦煌帰義軍酒破歴──S8426」『大阪大学大学院文学研究科紀要』50, pp. 29-59.

龍大IDPシンポの席上で抽印を拝領。坂尻さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

『北西ユーラシア歴史空間の再構築』

『北西ユーラシア歴史空間の再構築:ロシア外部の史料を通じてみた前近代ロシア世界』(北海道大学スラブ研究センター共同利用・共同研究拠点公募プログラム・シンポジウム報告書)名古屋,私家版,2010.

昨秋北大で開催されたシンポジウムの報告書を,シンポのコーディネイターの小澤実さんから拝領。ありがとうございました。
シンポの当日の様子はこちら,小澤さんによる簡報はこちら
報告書の内容も充実しており,私家版にしておくのは勿体ないように思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

小田壽典先生より

小田 壽典 2010:『仏説天地八陽神呪経1巻トルコ語訳の研究』研究編,図版・資料編。法蔵館。

ライフワークとなる大著を拝領。小田先生ありがとうございました。
おりしも,この連休に開催されている野尻湖クリルタイでは,ご高著編纂の過程で発見された言語学的諸問題をご報告のはずだが,当方は所用で参上できないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/17

岩本篤志さんより

岩本 篤志 2010:「敦煌本「覇史」再考」『資料学研究』7, pp. 27-62.
岩本 篤志 2010:「敦煌と『新修本草』」『杏雨』13, pp. 182-209.
『西北出土文献研究』8, 2010.

抽印と雑誌本体を拝領。岩本さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/16

入澤崇先生より

入澤 崇 2007:「バーミヤーン以西で新たに見つかった仏教遺跡」『印度學佛教學研究』56-1, pp. 256-263.
入澤 崇 2008:「ムルガーブ川流域への仏教伝播」『印度學佛教學研究』57-1, pp. 89-96.
入澤 崇 2009:「イランの仏教遺跡」『印度學佛教學研究』58-1, pp .215-222.
『現代のことば』京都新聞夕刊,2007年7月31日〜2009年6月23日

影印を拝領。入澤先生ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/15

IDPシンポジウムにて

『龍谷大学佛教文化研究所紀要』48, 2009.
龍谷大学仏教文化研究所・西域研究会 2010:『旅順博物館所蔵新疆出土漢文浄土教写本集成』(龍谷大学西域研究叢書5)

7月12日・13日に龍谷大学で開催された International Dunhuang Project シンポジウムで,龍谷大学西域研より拝領。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/14

渡辺健哉さんから

渡辺 健哉 2010:「元の大都における中央官庁の建設について」『九州大学東洋史論集』38, pp. 49-71.
渡辺 健哉 2010:「『羅氏雪堂蔵書遺珍』所収「経世大典輯本」について」『集刊東洋学』103, pp. 82-94.

抽印を拝領。渡辺さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/05

帰国のごあいさつとお礼

実は,この3月末から6月末まで3ヶ月間,トルコ(イスタンブル)とドイツ(ベルリン)で在外研究に従事しており,先週ようやく日本に帰着しました。
さっそく,留守にしていた授業の補講など,通常の本務にアジャストしていかねばなりません。
この間に諸方よりご恵贈いただいた書籍や抽印については,おいおい整理しつつ,逐次お礼を申し上げていきたいと存じますので,ご海容下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »