« 菊地淑子さんから | トップページ | 弘前より新年のごあいさつ »

2009/12/29

モンゴル期多言語複合文書研究

九州大の四日市康博さんが主宰されているトヨタ財団助成研究プロジェクト「イラン・中国・日本共同によるアルダビール文書を中心としたモンゴル帝国期多言語複合官文書の史料集成」のウェブサイトがこのたび公開された。

http://www.geocities.jp/ardabil_study/index.html

おいおい英語版・ペルシア語版サイトも構築される予定とのこと。
なお私も,ウイグル文字文献に関して微力ながらお手伝いすることになっている。
前のエントリでは年内の公務終了と記してしまったのだが,こちらへの小レポートも年内締切りだったのであった。
四日市さんすみません。とにかく急ぎますのでお許しを.....

|

« 菊地淑子さんから | トップページ | 弘前より新年のごあいさつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/47146209

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル期多言語複合文書研究:

« 菊地淑子さんから | トップページ | 弘前より新年のごあいさつ »