« Fragmenta Buddhica Uigurica | トップページ | 第63回羽田記念館定例講演会 »

2009/10/28

新収

Müller, F. W. K. 1908: Uigurica I. APAW 1908, Nr. 2.
Müller, F. W. K. 1910: Uigurica II. APAW 1910, Nr. 3.
Müller, F. W. K. 1931: Uigurica IV. APAW 1931, Nr. 3.
Müller, F. W. K. 1915: Zwei Pfahlinschriften aus den Turfanfunden. APAW 1915, Nr. 3.
Le Coq, A. von 1908: Ein manichäisch-uigurisches Fragment aus Idiqut-Schahri. SPAW 1908, pp. 398-414.
Le Coq, A. von 1911: Türkische Manichaica aus Chotscho I. APAW 1911, Nr. 6.
Le Coq, A. von 1919: Türkische Manichaica aus Chotscho II. APAW 1919, Nr. 3.
Le Coq, A. von 1922: Türkische Manichaica aus Chotscho III. APAW 1922, Nr. 2.
Bang, W. / A. von Gabain 1929: Türkische Turfan-Texte I. Bruchstücke eines Wahrsagebuches.
Bang, W. / A. von Gabain 1929: Türkische Turfan-Texte II. Manichaica.
Bang, W. / A. von Gabain 1930: Türkische Turfan-Texte III. Der große Hymnus auf Mani.
Bang, W. / A. von Gabain 1930: Türkische Turfan-Texte IV. Ein neues uigurishces Sündenbekenntnis.
Bang, W. / A. von Gabain 1931: Türkische Turfan-Texte V. Aus buddhistischen Schriften.

関西の某書店に古代ウイグル関係書が出回っていると某先生が情報を下さり,その翌日に届いた目録から注文。
いずれもかなりくたびれた抜刷類であったが,なかには朱筆の書き込みもあり,さらには蔵書印も押されている。

Photo

なんと,羽田亨先生または羽田明先生の旧蔵品だったらしい。
どのような経緯で書肆に出ることになったかは知り得ないものの,こういうものを一介の田舎者が手許に置くのは何やら気が引ける.....
ともあれ,これまで手許にあった Ergebnisse der Deutschen Turfan-forschung I-II のコピー製本は,ScanSnapに通してPDFにするため分解することに。

|

« Fragmenta Buddhica Uigurica | トップページ | 第63回羽田記念館定例講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/46606105

この記事へのトラックバック一覧です: 新収:

« Fragmenta Buddhica Uigurica | トップページ | 第63回羽田記念館定例講演会 »