« 函館です | トップページ | ペテルブルク国際敦煌学研討会(往路) »

2009/09/01

シルクロード 文字を辿って

Kyotomuseumsilkroad
京都国立博物館での標記展覧会,暑いし遠いし値が張るしと思っていたが,やはり見ておかねばと思い直して上洛.
夏休みのためか,絶え間なく観客があったようだが,やはり漢字の経典には観衆が集まる一方,ブラーフミー・ソグド・ウイグル関係の展示はささっとスルーされる(なにしろ一般客には読めないから)
おかげで,ウイグルの展示はじっくり眺めることができた.特に,これまで実見したことのなかった「マジックサークル」(八卦のこと)はペテルブルクの敦煌学会での報告にも関連するもので,ありがたい機会となった.
また,出品目録にはないものの,契約文書 SUK Sa09 や,私が度量衡論文で使った SI Kr I 147 契約文書,さらには2000年秋のモンゴル学会で報告したカラホトのモンゴル語占い冊子も展示されていた.「再会」を懐かしむとともに,早く校訂を出さねばという思いを新たにする.
なお,四日市さんも疑念を呈しておられるように,最後のモンゴル語冊子が「12世紀」とされているのは,おそらく単純なミスプリであろう(そもそもモンゴルがウイグル字を借用・導入したのは13世紀初頭なので)

|

« 函館です | トップページ | ペテルブルク国際敦煌学研討会(往路) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/46077676

この記事へのトラックバック一覧です: シルクロード 文字を辿って:

« 函館です | トップページ | ペテルブルク国際敦煌学研討会(往路) »