« 書虫より | トップページ | ペルシア語が結んだ世界 »

2009/08/09

『トルコ語のしくみ』

吉村 大樹 2009:『トルコ語のしくみ』白水社.

「新書みたいにスラスラ読める! 文法用語や表に頼らない、大評判の画期的入門シリーズ」という売り文句に誘われて購入.感慨深いのは,学部時代に現代トルコ語の授業でお世話になったKâmil Toplamaoğlu先生が,付属CDの吹き込みを担当されていること.
「ヨネヤマは酒を飲んで友達とケンカした」というようなオモシロ会話文ばかりで,あまり真面目に勉強してはいなかった(それが今になってたたっているのだが....)ことを思い出して懐かしい.
まずはCDをiTunesに取り込んでBGMにすることに.

|

« 書虫より | トップページ | ペルシア語が結んだ世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/45859490

この記事へのトラックバック一覧です: 『トルコ語のしくみ』:

« 書虫より | トップページ | ペルシア語が結んだ世界 »