« 杉山清彦先生から | トップページ | 『敦煌・トルファン漢語文献の特性に関する研究』 »

2009/06/14

シンポジウム「中国金の建国と女真族の社会」

2009年10月11日(日)13:00〜17:00
会場:新潟市生涯学習センター「クロスパルにいがた」

基調講演:臼杵勲(札幌学院大学)
基調報告:弓場紀知(京都橘大学)
     村上恭通(愛媛大学)
     三宅俊彦(専修大学)
総合討論 コーディネーター:白石典之(新潟大学)
※要資料代(500円)

新潟大の佐藤貴保先生からご案内を頂戴.佐藤先生ありがとうございました.
9月12日から同会場で開催予定の「哈爾濱金代文化展」と連動するもので,こちらは一般市民向けのシンポジウム.
前日に研究者向けのシンポジウム「金王朝とその遺産」が開催されることは既報通り
その他,詳しい情報は佐藤先生までお尋ねのほど.

|

« 杉山清彦先生から | トップページ | 『敦煌・トルファン漢語文献の特性に関する研究』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/45317735

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「中国金の建国と女真族の社会」:

« 杉山清彦先生から | トップページ | 『敦煌・トルファン漢語文献の特性に関する研究』 »