« 唐代の国際関係 | トップページ | 遊牧国家の誕生 »

2009/05/11

第62回羽田記念館定例講演会

2009年6月13日(土)14:00〜(17:30より懇親会)
京都大学ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)

KOSA Gabor (Elte Univ., Hungary) : A New Interpretation of the Manichaean Painting in Bezeklik Cave 38
山中一郎(京都大学名誉教授)「Pièce á chanfreinについて」

センターよりご案内を頂戴.ありがとうございました.
ベゼクリク38窟は例の三本幹の壁画のあるところだが,Kosa氏の新解釈とはいかなるものだろうか.

|

« 唐代の国際関係 | トップページ | 遊牧国家の誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/44951412

この記事へのトラックバック一覧です: 第62回羽田記念館定例講演会:

« 唐代の国際関係 | トップページ | 遊牧国家の誕生 »