« シルクロード 文字を辿って:ロシア探検隊収集の文物 | トップページ | 『文物』2009-2 »

2009/04/10

アルタンゲル=エンフトゥル博士特別講演会「モンゴル 草原の考古学」

2009年5月9日(土)14:40〜 奈良大学C棟205室

司会:千田嘉博(奈良大学)
通訳:清水奈都紀(奈良大学)

奈良大学では大学創立40周年を記念して,モンゴルにある城郭都市遺跡チントルゴイ・バルガスを総合的に調査する「モンゴル遼代城郭の構造と環境変動」を進めています。この城郭都市遺跡は11世紀から12世紀にかけてかけて栄えた遼国(契丹国)の拠点で,草原の中に壮大な遺跡が残されています。
そこで,モンゴルにおける中世考古学の第一人者であるモンゴル科学アカデミー考古学研究所のアルタンゲル・エンフトゥル博士をお招きして,チンギス・ハーンをはじめとするモンゴル考古学に関する最新の研究成果をわかりやすくお話しいただきます。

=========
森田憲司先生よりご案内を頂戴.森田先生ありがとうございました.

|

« シルクロード 文字を辿って:ロシア探検隊収集の文物 | トップページ | 『文物』2009-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/44621660

この記事へのトラックバック一覧です: アルタンゲル=エンフトゥル博士特別講演会「モンゴル 草原の考古学」:

« シルクロード 文字を辿って:ロシア探検隊収集の文物 | トップページ | 『文物』2009-2 »