« Türkiye Diyanet Vakfi Yayınlarıにて | トップページ | 近況です »

2009/03/22

杉山清彦先生より

杉山 清彦 2008:「清初八旗制下のマンジュ氏族」細谷良夫(編)『清朝史研究の新たなる地平』山川出版社, pp. 22-51.
杉山 清彦 2008:「大清帝国史研究の現在」『東洋文化研究』10, pp. 347-372.
杉山 清彦 2008:「明初のマンチュリア進出と女真人覊縻衛所制」菊池俊彦・中村和之(編)『中世の北東アジアとアイヌ』高志書院,pp. 105-134.
杉山 清彦 2008:「大清帝国と江戸幕府──東アジアの二つの新興軍事政権──」懐徳堂記念会(編)『世界史を書き直す 日本史を書き直す』和泉書院, pp. 149-189.
杉山 清彦 2008:「大清帝国のマンチュリア統治と帝国統合の構造」左近幸村(編)『近代東北アジアの誕生』北海道大学出版会,pp. 237-268.
杉山 清彦 2008:(評)「600年の時を越えてよみがえる極北の幻の寺院(『ヌルガン永寧寺遺跡と碑文』『中世の北東アジアとアイヌ』)『東方』333, pp. 20-23.
渡辺 美季・杉山 清彦 2008:「近世後期東アジアの通行管理と国際秩序」桃木至朗(編)『海域アジア史研究入門』岩波書店,pp. 116-127, +4p.
『大清帝国』(新・歴史群像シリーズ15)学研,2008.

大量のパケットご恵贈に与る.杉山先生ありがとうございました.
最後の歴史群像シリーズは歴史ファン・マニアの必読書といえるが,執筆者ごとに清朝に対する認識が異なるのが興味深い.

|

« Türkiye Diyanet Vakfi Yayınlarıにて | トップページ | 近況です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/44333788

この記事へのトラックバック一覧です: 杉山清彦先生より:

« Türkiye Diyanet Vakfi Yayınlarıにて | トップページ | 近況です »