« 新着 | トップページ | 『東洋史研究』67-3 »

2009/01/27

Chingiz-Nama

Ötämiš Ḥājī, Čīngīz-Nāma. Introduction, Annotated Translation, Transcription and Ciritical Text by Takushi KAWAGUCHi, Hiroyuki NAGAMINE. Supervision by Mutsumi SUGAHARA. Tokyo, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, 2008.

東京外大AA研から拝領.おそらく菅原睦先生のご高配によるもの,ありがとうございました.
ジョチ=ウルス関係資料はなかなか接近しづらいが,これまた日本語で読めるようになったのは有り難い.人名・地名索引もついて便利.語彙索引は無いが,これは望蜀だろう.編者の川口琢司・長峰博之両氏の労を多としたい.

|

« 新着 | トップページ | 『東洋史研究』67-3 »

コメント

しばらく御無沙汰いたしております。本年も、よろしくお願い申し上げます。

本訳注、ほんとうにありがたいですね。

> 語彙索引は無いが,これは望蜀だろう.

カザフスタンから語彙索引が出ております(AA研本にも載っております)ので、御省略になられたのでしょうか。なお、当該の語彙索引(http://www.geocities.jp/akasakatsuneaki/h190515.html)は、日ソからも入手することができる筈です。

投稿: あかさか | 2009/01/31 21:16

あかさかさん,今年もよろしくお願い申し上げます.
カザフスタンの語彙索引についての情報もありがとうございました.
ちなみに,川口・長峰訳註には,お説への批判もありますね(汗)
今後の議論が実りあるものになるよう,祈念しております.

投稿: dmatsui | 2009/02/02 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/43862610

この記事へのトラックバック一覧です: Chingiz-Nama:

« 新着 | トップページ | 『東洋史研究』67-3 »