« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/28

スキタイ騎馬遊牧国家の歴史と考古

雪嶋 宏一 2008:『スキタイ騎馬遊牧国家の歴史と考古』(ユーラシア考古学選書4)雄山閣.

注釈こそ無いが豊富な文献史料・考古資料を引用して最新のスキタイ史像を提示.
スキタイ研究の深化をうかがわせる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/25

山本明志さんから

山本 明志 2008:「モンゴル時代におけるチベット・漢地間の交通と站赤」『東洋史研究』67-2, 95-120.

抽印を拝領.山本さんありがとうございます.
今春『内陸アジア史研究』に寄せた拙稿に絡んで重要な指摘が随所に.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

The Cambridge History of Medieval Inner Asia(続報)

先般,Michal Biran 先生からの情報として Cambridge History of Inner Asia 続編について言及した.
このたび,丸善のサイトに予告が出ていた.発行予定は来春2月で総520頁,「目次を見る」によれば次のような内容.

The Cambridge History of Medieval Inner Asia: The Chinggisid Age

Introduction (Nicola Di Cosmo, Allen J. Frank and Peter B. Golden)

Part I. The Rise of the Chinggisids
1. Inner Asia ca. 1200 (Peter B. Golden)
2. The Mongol age in eastern inner Asia (Peter Jackson)
3. The Mongols in inner Asia from Chinggis Khan's invasion to the rise of Temur: the Ogodeid and Chaghadaid realms (Michal Biran)
4. The Jochid realm: the western Steppe and eastern Europe (Istvan Vásáry)

Part II. Legacies of the Mongol Conquests
5. Administration, revenues and trade (Arsenio Peter Martinez)
6. Migrations, ethnogenesis (Peter B. Golden)
7. Islamization in the Mongol Empire (Devin DeWeese)
8. Mongols as vectors for cultural transmission (Tom Allsen)

Part III.Chinggisid Decline: 1368-ca. 1700
9. The eastern Steppe: Mongol regimes after the Yuan (1368-1636) (Veronic Veit)
10. Temur and the early Timurids to ca. 1450 (Beatrice Forbes Manz)
11. Later Timurids ca. 1450-1526 (Stephen Dale)

Part IV. Nomads and Settled Peoples in Inner Asia after the Timurids
12. Uzbeks, Qazaqs and Turkmen (Yuri Bregel)
13. The western Steppe: Volga Ural region, Siberia and the Crimea (Allen J. Frank)
14. Eastern central Asia (Xinjiang): 1300-1800 (James Millward)
15. The Chinggisid restoration in central Asia: 1500-1785 (Robert McChesney)
16. The western Steppe: the Volga-Ural region, Siberia and the Crimea under Russian rule (Christian Noack)

Part V. New Imperial Mandates and the End of the Chinggisid Era (18th-19th centuries)
17. The Qing and Inner Asia: 1636-1800 (Nicola Di Cosmo)
18. The Qazaqs and Russia (Allen J. Frank)
19. Russia and the peoples of the Volga-Ural region: 1600-1850 (Allen J. Frank)
20. The new Uzbek states: Bukhara, Khiva and Khoqand: ca. 1750-1886 (Yuri Bregel)

さすがに錚錚たる面々.
あとは刊行時・購入時の瞬間的な円高を祈るのみか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/19

ハラホト出土モンゴル文書の研究

吉田 順一・チメトドルジ 2008:(編)『ハラホト出土モンゴル文書の研究』雄山閣.

吉田順一先生より拝領.吉田先生ありがとうございました.
私は手伝いの手伝いという立場だったが,執筆者一覧に加えていただくことを許された.
ここでは紹介しきれない豊穣な成果.
大いに学界を裨益するだろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

オンラインの現代ウイグル語辞典

菅原純先生のサイト uighur.jp/ で,「現代ウイグル語小辞典」の試験運用が開始された.
詳しくは菅原先生のblog記事を参照.
借用語の指示などコンテンツが若干制限されているとのことだが,何より日本語で意味を調べられるのはありがたい.
今後の発展に大いに期待したいところ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

Harrassowitzから

Kollmar-Paulenz, K. / Chr. Peter 2002: Tractata Tibetica et Mongolica: Festschrift für Klaus Sagaster zum 65. Geburtstag (AF 145). Wiesbaden.
Abdurishid Yakup 2005: The Turfan Dialect of Uyghur (Turcologica 63). Wiesbaden.
Özertural, Z. 2008: Der Uigurische Manichäismus. Neubearbeitung von Texten aus Manichaica I und III von Albert von Le Coq (VdSUA 74). Wiesbaden.

先月の円高時にすわと注文したもの.同時に注文した旧著もあり,合計300ユーロ程になったが,ユーロが40円近くも安くなっていたので1万円ほど得したことになる.
もっぱらClauson頼みの私にとって,Abdurishid先生の著書は実に有益なデータを含む.
Özertural氏のものは独訳にトルコ語の注釈.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/11

Pis'mennye Pamjatniki Vostoka

Tugusheva, L. Ju. 2006: Some Notes on the Old Turkic Religious Views. Pis'mennye Pamjatniki Vostoka, Aut-Win. 2006, 160+162.
Tugusheva, L. Ju. 2007: Fragmenty rannesrednevekovykh tjurkskikh gadatel'nykh knig iz rukopisnogo sobranija Sankt-peterburgskogo filiala Instituta vostokovedenija RAN. Pis'mennye Pamjatniki Vostoka, Aut-Win. 2007, 37-46.

Pis'mennye Pamjatniki Vostoka は最近になって新しい編集方針のもと出されているらしい.
後者の論文は暦占文書を扱う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

第35回中央アジア学フォーラム

2008年12月20日(土)13:30〜
大阪大学豊中キャンパス・文学部本館・中庭会議室

石見清裕(早稲田大学)「書評:M. S. Abramson, Ethnic Identity in Tang China. Philadelphia, 2008」
森安孝夫(大阪大学)「ウイグル文マニ教徒手紙文の復元とその意義」
枡本哲(大阪府文化財センター)「南シベリア現地調査報告──唐・ウイグル・キルギス関係を中心に──」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/06

Abdurishid 先生より

Abdurishid Yakup 2007: Vacu or Gaǰu? On a Place Name in an 18th Century Uyghur Document. In: H. Boeschoten / H. Stein (eds.), Einheit und Vielfalt in der turkischen Welt. Materialien des 5. Deutschen Turkologenkonferenz Universität Meinz 4.-7. Oktober 2002, WIesbaden, 57-70.
Abdurishid Yakup 2007: Uygur edebiyatı (VIII-XIV. yüzyıl): I. Nazım. In: T. S. Halma et al. (eds.), Türk edebiyatı tarihi, cilt 1, İstanbul, 130-153.
Abdurishid Yakup 2007: (Review) P. Zieme, Magische Texte des uigurischen Buddhismus. Orientalische Literaturzeitung 102, 633-637.

影印を拝領.Abdurishid 先生ありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

『ユーラシア諸言語の研究』

『ユーラシア諸言語の研究(庄垣内正弘先生退任記念論集)』同刊行会,2006.

Abdurishid Yakup 先生より拝領.Abdurishid先生ありがとうございました.
以下のものに関心.

Abdurishid Yakup 2006: Uighurica from the Northern Grottoes of Dunhuang.『ユーラシア諸言語の研究(庄垣内正弘先生退任記念論集)』同刊行会,1-42.
菅原 睦 2006:「『クタドゥグ・ビリグ』から『五体清文鑑』まで」『ユーラシア諸言語の研究(庄垣内正弘先生退任記念論集)』同刊行会,43-62
荒川 慎太郎 2006:「ロシア所蔵西夏文『大千国守護吉祥頌』断片の研究」『ユーラシア諸言語の研究(庄垣内正弘先生退任記念論集)』同刊行会,63-80.
大﨑 紀子 2006:「『元朝秘史』の言語にみられる受動文」『ユーラシア諸言語の研究(庄垣内正弘先生退任記念論集)』同刊行会,175-253.

Abdurishid先生からは他にもご論考を拝領した.別エントリにて.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

国際吐魯番学会で拝領した抽印

Kasai, Y. 2008: Die uigurische Überlieferung der Legende von der Gründung des Tempels Baimasi. In: In: P. Zieme (ed.), Aspects of Research into Central Asian Buddhism, Turnhout (Belgium), Brepols, pp. 77-93.
Yoshida, Y. 2008: (tr. by Y. Kasai / Chr. Reck) Die buddhistischen sogdischen Texte in der Berliner Turfansammlung und die Herkunft des buddhistischen sogdischen Wortes für Bodhisattva. AOH 61-3, 325-358. (←Yukiyo Kasai 博士から)
Özyetgin, A. M. 2007: On the Historical Turkic Tradition of Official Correspondence. A Bitig Dated 1468 in Uigur Letters by Timurid Ruler Abū Sa’īd Kurgan. Archivum Ottomanicum 24, 197-228.
Reck, Chr. 2008: A Sruvey of the Christian Sogdian Fragments in Sogdian Script in the Berlin Turfan Collection. Controverses des chrétiens dans l’Iran sassanide, Cahiers de Studia Iranica 36, 191-205.
Reck, Chr. 2007: Tage der Barmherzigkeit. Nachträge zu den mitteliranischen manichäischen Montags- und Bemahymnen. In: M. Macuch / M. Maggi / W. Sundermann (eds.), Iranian Languages and Texts from Iran and Turfan, Wiesbaden, 317-342.
Zieme, P. 2001: Runik harfli birkaç pasaj üzerine kimi yorum önerileri. TDAYB 2000, 377-382
Zieme, P. 2008: Abschied vom alttürkischen Witwenkleid. AOH 61-3, 359-364.

諸先生方に深謝申し上げます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

『東洋史研究』67-2

荒川 正晴 2008:「遊牧国家とオアシス国家の共生関係」『東洋史研究』67-2, 34-68.
飯山 知保 2008:「『運司郭公復齋言行録』の編纂と或るモンゴル時代吏員出身官僚の位相」『東洋史研究』67-2, 69-94.
山本 明志 2008:「モンゴル時代におけるチベット・漢地間の交通と站赤」『東洋史研究』67-2, 95-120.

荒川・山本論文は,遊牧国家が商業や交通をどのようにとらえているかという点で通底するといえようか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »