« 吐魯番学会で拝領した出版物 | トップページ | 国際吐魯番学会で拝領した抽印 »

2008/11/03

『東洋史研究』67-2

荒川 正晴 2008:「遊牧国家とオアシス国家の共生関係」『東洋史研究』67-2, 34-68.
飯山 知保 2008:「『運司郭公復齋言行録』の編纂と或るモンゴル時代吏員出身官僚の位相」『東洋史研究』67-2, 69-94.
山本 明志 2008:「モンゴル時代におけるチベット・漢地間の交通と站赤」『東洋史研究』67-2, 95-120.

荒川・山本論文は,遊牧国家が商業や交通をどのようにとらえているかという点で通底するといえようか.

|

« 吐魯番学会で拝領した出版物 | トップページ | 国際吐魯番学会で拝領した抽印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/42919642

この記事へのトラックバック一覧です: 『東洋史研究』67-2:

« 吐魯番学会で拝領した出版物 | トップページ | 国際吐魯番学会で拝領した抽印 »