« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/29

野田仁さんより

野田 仁 2008:「露清関係とカザフ草原」宇山智彦(編)『講座スラブ・ユーラシア学』第2巻,講談社,pp. 231-257.
ポポワ (Popova, I. F.) 2008: 野田仁(訳)「ロシア科学アカデミー東洋学研究所サンクト・ペテルブルク支部 (SPbF IVRAN) の東洋写本コレクション」『東京大学史料編纂所紀要』18, pp. 48-59.

抽印を拝領.野田さんありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

佐藤貴保先生より

佐藤 貴保 2008:「ロシア蔵西夏文『天盛禁令』刊本の未公刊断片」『西北出土文献研究』6, pp. 55-62.
佐藤 貴保 2008:「西夏時代における黒河中流域」『沙漠誌ノート』5, pp. 45-49.
矢部 正明・佐藤 貴保 2008:「遼(契丹)・金・西夏史に関する授業分析と新視点授業の提案」『世界史のしおり』2008年4月号,pp. 20-23.

抽印・影印を拝領.佐藤さんありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/14

櫻井智美先生から

櫻井 智美 2007:「元代の北嶽廟祭祀とその遂行者たち」氣賀澤保規(編) 『中国石刻資料とその社会』汲古書院,pp. 113-142, +2 pls.

抽印を拝領.櫻井さんありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

『開篇』27, 2008

澤田 達也 2008:「吐魯番出土『玉篇』目録断片 (Ch1744) について」『開篇』27, pp. 61-76.
鄭 光 2008:(竹越孝訳)「吏文と漢吏文」『開篇』27, pp. 83-106.
劉 麗川 2008:「『老乞大』多版本中“要”的研究」『開篇』27, pp. 108-134.
井上 治・金 度亨 2008:「蒙語老乞大テキストのローマ字転写と和訳〈巻之七〉」『開篇』27, pp. 135-174.

本誌1部を竹越孝先生から拝領.竹越先生ありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

關尾史郎先生より

關尾 史郎 2008:「高昌郡時代の上行文書とその行方」藤田勝久・松原弘宣(編)『古代東アジアの情報伝達』汲古書院,pp. 75-89.
關尾 史郎 2008:「敦煌の古墓群と出土鎮墓文」『資料学研究』5, pp. 1-16.
關尾 史郎 2008:(書評)三崎良章『五胡十六国の基礎的研究』『法制史研究』57 (2007), pp. 314-318.
關尾 史郎 2007:「日本的五胡十六國時代史研究」『魏晋南北朝史國際學術研討會曁中國魏晋南北朝史學會第八届年會論文集』武漢大學,pp. 30-35.
關尾 史郎・清水はるか 2008:「『國家圖書館藏敦煌遺書』所収写経題記一覧 (I)」『資料学研究』5, pp. 39-69.
關尾 史郎・岩本篤志 2005:『トゥルファン出土「五胡」時代漢文文書俗字データベース』新潟大学大域プロジェクト研究資料叢刊VI.

先週もしばらく所用で弘前を離れており,戻ってきたところに大部のパケットを頂戴.
關尾先生「倍返し」確かに拝領いたしました.ありがとうございました.
これらの抽印以外に報告書類もご恵贈いただいた.そのエントリは後日.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

宇野伸浩先生より

宇野 伸浩 2008:「フレグ家の通婚関係に見られる交換婚」『北東アジア研究』別冊1, pp. 27-45.

抽印を拝領.宇野さんどうもありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/05

小田壽典先生より

小田 壽典 2008:「トルコ語『観音経』写本の研究続編」『西南アジア研究』68, pp. 27-39.

抽印を拝領.小田先生ありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

旅順博物館のおみやげ2

郭 富純・王 振芬 2007:『旅順博物館藏西域文書研究』瀋陽:萬巻出版公司.

別のパケットに入れていたもの.
さすがに非漢語文書までは入っていないが,漢文仏典だけでなく識語や世俗文書についても写真と移録が載っており有益.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/01

旅順博物館のおみやげ

郭 富純 2007:(主編)『旅順博物館學苑』吉林文史出版社.
『大連文物』2008.

特に前者所収の王振芬「大谷収集品中一幅新發現的帶有景教符號的地藏麻畫初探」は,写真がモノクロなのが残念(口絵のセレモニー写真の類はカラーなのだが)とはいえ,興味深い館蔵資料を提示する.
著者に直接うかがったところ,本稿の改訂増補版を近々刊行予定とのことで,図版がカラーになることを祈りたい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »