« 第4回東アジア出版文化に関する国際学術会議 | トップページ | 『東洋史研究』67-1 »

2008/07/20

ユーラシア文化研究センター特別講演会

京都大学大学院文学研究科附属 ユーラシア文化研究センター(羽田記念館)
共催:科学研究費補助金研究プロジェクト「チュルク諸語における固有と外来に関する総合的調査研究」(基盤研究(A)研究代表者:九州大学教授 久保智之)

(1) 2008年8月22日(金) 14:00〜
橘堂晃一(龍谷大学)「ウイグル仏教における契丹仏教の影響 —唯識章疏を中心に—」
Peter Zieme "Mahmud al-Kasγari and Old Turkic"

(2) 2008年9月12日(金) 14:00〜
大崎紀子(ユーラシア文化研究センター)「英雄叙事詩マナスに見るキルギス語の受動接尾辞・再帰接尾辞の意味と機能」
Abdurishid Yakup "On the internal contact of some Inner Asian Turkic languages"

センターよりご案内のメールを頂戴.
ちなみにポスターもPDF版(156KB)で配付されている.
これまでのキタイ・ウイグル関係史の多くは表層的に漢文史料をさらうだけだったが,今回の橘堂氏の報告によってその面目が一新されるのではないかと予想.
その他の講演内容もいずれも興味深いもので,特に旧知のZieme先生・Yakup先生にも再拝したいのはやまやまだが,体質が白クマ化している身には,盛暑・残暑激しい時期に京都盆地に上洛するのはツライ.....

|

« 第4回東アジア出版文化に関する国際学術会議 | トップページ | 『東洋史研究』67-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/41914499

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア文化研究センター特別講演会:

« 第4回東アジア出版文化に関する国際学術会議 | トップページ | 『東洋史研究』67-1 »