« 『文物』2008-6 | トップページ | 第4回東アジア出版文化に関する国際学術会議 »

2008/07/16

第34回中央アジア学フォーラム

2008年9月20日(土)13:30〜
大阪大学豊中キャンパス・文学部本館・中庭会議室

入野恵理子(大阪大学)「近年の北魏関係論著(松下憲一『北魏胡族体制論』他)について」
石川巌(東方研究会)「古代チベットの葬儀と仏教──P. T. 239 表の再考察──」
鈴木桂(東京大学)・福林靖博(国会図書館)書評ないし紹介:山西省北朝文化研究中心,張慶捷,他(主編)『4〜6世紀的北中国与欧亜大陸』科学出版社,2006.
荒川正晴(大阪大学)「ロンドン所蔵コータン出土木簡の性格について──Mazar-toghrak 出土木簡を中心にして──」

|

« 『文物』2008-6 | トップページ | 第4回東アジア出版文化に関する国際学術会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/41846927

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回中央アジア学フォーラム:

« 『文物』2008-6 | トップページ | 第4回東アジア出版文化に関する国際学術会議 »