« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/24

第45回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会)

2008年7月19日(土)〜21日(月・祝)野尻湖藤屋旅館

斉光(筑波大学)「『ロブサン・ダンジンの乱』前後における青海ホシュート部の動向」
斉藤茂雄(大阪大学)「6世紀末〜7世紀初頭の突厥第一可汗国」
菅原純(青山学院大学)「カシュガルのワクフ訴訟」
楠木賢道(筑波大学)「『二国会盟録』から志筑忠雄・安部龍平の清朝・北アジア理解」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

『敦煌寫本研究年報』第2号

京都大學人文科學研究所・西陲發現中國中世寫本研究班,2008.3

高啓安「敦煌石窟畫塑材料中的麵粉和油」
齋藤智寛「『梵網經』と密敎」
玄幸子「宋代社會における『佛說天地八陽神呪經』の受容について」
Galambos, I: A 10th Century Manuscript from Dunhuang Concerning the Gantong MOnastery at Liangzhou
松浦典弘「長興四年中興殿應聖節講經文(P. 3808)をめぐる問題について」
山口正晃「『現在十方千五百佛名竝雜佛同號』小考」
永田知之「『文場秀句』小考──「蒙書」と類書と作詩文指南書の間」
山本孝子「「侯侍郎直諫表」と書儀──Dh.01698 について」
辻正博「吐魯番アスターナ出土「景龍三年十一月南郊赦文」殘片小考」
池田巧「フランス國立圖書館所藏のナム語文獻」
余欣「美國哥倫比亞大學東亞圖書館所藏敦煌文獻小考」
高田時雄「李滂と白堅・補遺」
山本孝子「敦煌・吐魯番文獻圖録・目録集覽稿(2)」

昨年にひきつづき,人文研より冊子体を拝領.
高田時雄先生をはじめとする研究班の皆様にお礼申し上げます.
やはり昨年同様,研究班のサイトからPDFでも提供されている (33.9 MB).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

『モノから見た海域アジア史』

四日市 康博 2008:(編)『モノから見た海域アジア史』(九大アジア叢書11)九州大学出版会.

生協から購入.
四日市康博「銀と銅銭のアジア海道」は,モンゴル時代に中国銀が西アジアに移動したという現象を簡潔に跡づけて有益.
香料貿易による北欧→イタリア→エジプト→インドという銀の移動(黒田明伸『貨幣システムから見た世界史』)との関係については,あらためて詳論されるのであろう(多分)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/05/13

シルクロードの考古学

岡内 三眞 2008:『シルクロードの考古学』早稲田大学.

生協から.
大学での講義や現地での解説の際のテキストとするために編まれたという.
新疆にとどまらず東は慶州・北京・西安,西はパルミラ・コンスタンティノープルにまで及ぶ.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/09

Subjects and Masters

Brose, M. C. 2007: Subjects and Masters: Uyghurs in the Mongol Empire (Studies on East Asia 28). Bellingham.

某所より仕事に関係して頂戴したもの.
瞥見したところでは,元代漢籍史料に主拠して「色目人」としてのウイグル人の活動を検討しているらしい.
仕事に絡むかどうかは精読してから.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

山下将司先生より

山下 将司 2008:「唐の監牧制と中国在住ソグド人の牧馬」『東洋史研究』66-4, pp. 1-31.

抽印を拝領.山下さんありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

岡本和也さんより

岡本 和也 2008:「13世紀後半におけるジュチ・ウルスとマムルーク朝の外交関係」『オリエント』50-2 (2007), pp. 252-274.

抽印を拝領.岡本さんありがとうございました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »