« 『モンゴル帝国と長いその後』 | トップページ | 中央アジアのイスラーム »

2008/03/05

第33回中央アジア学フォーラム

2008年4月5日(土)13:30〜
大阪大学豊中キャンパス・共通教育棟・大学教育実践センター6F大会議室

齊藤茂雄(大阪大学)書評ないし紹介:ソグド度量衡に関する冊子本
橘堂晃一(龍谷大学)「西厳寺所蔵の橘資料の紹介」
田先千春(九州大学)「古ウイグル語文献中に見える七(八)歯棉布とは何か?」
坂尻彰宏(大阪大学)「官布論争:麻布か,棉布か,あるいは毛織物か?」

|

« 『モンゴル帝国と長いその後』 | トップページ | 中央アジアのイスラーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/40375957

この記事へのトラックバック一覧です: 第33回中央アジア学フォーラム:

« 『モンゴル帝国と長いその後』 | トップページ | 中央アジアのイスラーム »