« 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」 | トップページ | 簡牘の世界──越後・列島・半島・大陸・シルクロードを結ぶ »

2008/02/07

校正・校正・脱稿・修正・調べものx2・採点

近況です.

  • 校正:紀要論文.今回の初校ではウムラウトやアクセントがほとんど文字化けだったり,Word に貼り込んだ表をまるっきり落としてくれていたり.なんともorz.しかし表の手落ちのおかげでまるまる1ページ増補できたのはラッキーというべきだろう.
  • 校正:さるプロジェクトの助っ人の助っ人という立場でタッチした原稿.最後の時点でも文献目録に誤脱があったりで冷や汗.実はこのプロジェクトでは別のサブグループにも助っ人の助っ人として駆り出されたのだが,そっちは音沙汰なし.便りがないのは良い便りと思うことにする.
  • 脱稿:分担参加の科研の報告書.1週間遅れでご迷惑をかけたうえに中身が薄いのでますます汗顔.安西楡林窟のウイグル語銘文で威武西寧王ブヤンクリの「ン=クリ」が読めたというネタだが,写真がないので納得できない人の方が多かろう(某先生からもまた「心眼でやりすぎ」と叱られそうだ)何しろ一昨年の楡林窟調査はたった3時間(もちろん写真撮影も不許可)だったので,もう一度じっくり見たうえでどこかでケリをつけたいと思う.
  • 修正:昨年に某誌に投稿していた原稿がアクセプトされた.ただしレフェリーから若干の修正を求められる.話のキモに関わるご指摘なので頭をひねらねばならないが,それだけ密に審査下さったということで,まずはレフェリーの方々に感謝.
  • 調べものx2:別の科研の内部報告と来月の学会報告.そろそろ準備せねばならんが,前掲の修正の締切りとダブっている.ムムム.
  • 採点:先週に実施した試験.上記の校正+校正+脱稿のために手つかずだったのだが,今週中には終わらせねばならないので,今日からこちらの作業.良い答案に出会うことを祈る.

|

« 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」 | トップページ | 簡牘の世界──越後・列島・半島・大陸・シルクロードを結ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/40021707

この記事へのトラックバック一覧です: 校正・校正・脱稿・修正・調べものx2・採点:

« 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」 | トップページ | 簡牘の世界──越後・列島・半島・大陸・シルクロードを結ぶ »