« ERENより | トップページ | 校正・校正・脱稿・修正・調べものx2・採点 »

2008/02/01

東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」

2008年3月7日(金)10:00~18:00
東北大学東北アジアセンター4F 会議室

基調講演
 濱下武志(龍谷大学)「内陸中国と海洋中国の歴史サイクル」

第1セッション:モノの流通から見たキャフタ貿易
 森川哲雄(九州大学)「大黄を巡る露清関係とキャフタ交易」
 塩谷昌史(東北大学)「キャフタを通じた中国茶のロシア向け輸出」

第2セッション:商人とキャフタ貿易
 森永貴子(北海道大学)「キャフタ貿易に見る露清商人の組織と商慣行」
 劉建生(山西大学)「山西商人とキャフタにおける対ロシア貿易」(通訳付)
 高宇(立教大学)コメント1:山西商人の観点から
 澁谷浩一(茨城大学)コメント2:露清関係史の観点から

東北アジア研究センターの塩谷昌史先生からご案内を頂戴.塩谷先生ありがとうございました.
こちらでPDFのポスター(2MB)を閲覧できる.

|

« ERENより | トップページ | 校正・校正・脱稿・修正・調べものx2・採点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/17918012

この記事へのトラックバック一覧です: 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」:

« ERENより | トップページ | 校正・校正・脱稿・修正・調べものx2・採点 »