« 竹越孝先生より | トップページ | 『東洋史研究』66-3 »

2008/01/11

脱稿

昨年末締切りの英文原稿,小ネタのはずがえらく時間をとられてしまったものの,ようやくメールでフィンランドへ送信.
奇しくも昨日は勤務先の卒論提出締め切り日.
ゼミ生とほぼシンクロしての脱稿となったが,当方が締切りを遅らせているのは教育上よろしくなかったかもしれない(汗)

|

« 竹越孝先生より | トップページ | 『東洋史研究』66-3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/17654331

この記事へのトラックバック一覧です: 脱稿:

« 竹越孝先生より | トップページ | 『東洋史研究』66-3 »