« 大阪大学博士学位申請論文公開審査 | トップページ | 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」 »

2008/01/30

ERENより

Pelliot, P. 1995: Uygur yazısıyla yazılmış Uğuz Han Destanı üzerine. Tr. by V. Köken. Ankara.
Tekin, Ş. 1993: Eski Türklerde Yazı, Kağıt, Kitap ve Kağıt Damgaları. Istanbul.
Galstyan, A. G. 2005: Ermeni Kaynaklarına Göre Moğollar. Istanbul.
Li Yongsǒng 2004: Türk Dillerinde Sontakılar. Istanbul.
Mirza Haydar, Tarikh-i-Rashidi, 2 vols. Ed. & tr. by W. M. Thackston. Cambridge (MA), 1996.

調べものからついつい買いあさってしまったもの.
Pelliot の研究成果を母語で読めるとはトルコ人研究者は恵まれている.
その点では,かつてのドイツ探検隊の報告書の漢訳を続々と提供される中国人研究者も同様だろう.
このような,多くの優れた研究成果に母語で接することのできる環境も,日本の学生を中央アジア研究に誘うためには大事なのではなかろうか.
もちろん原典主義こそ王道なのはいうまでもないが,辺境大学で学生に卒論を書かせようとすると,研究の面白さよりも,諸言語を扱わねばならない「敷居の高さ」を強調することになってしまう.
数年前のクリルタイの酔席で,当時H大にいらしたK先生とも,このことを議論した記憶がある.
Barthold や Kozlov のロシア語論文の翻訳を載せていた『蒙古』のような雑誌は復活しないものか.

|

« 大阪大学博士学位申請論文公開審査 | トップページ | 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/17884690

この記事へのトラックバック一覧です: ERENより:

« 大阪大学博士学位申請論文公開審査 | トップページ | 東北アジア研究センター・シンポジウム「帝国の貿易─18~19世紀ユーラシアの流通とキャフタ─」 »