« 雪です | トップページ | 鐘江宏之『地下から出土した文字』 »

2007/11/20

『歴史研究』2007-2

榮 新江 2007:「闞氏高昌王国與柔然・西域的關係」『歴史研究』2007-2, pp. 4-14.
畢 波 2007:「怛羅斯之戰和天威健兒赴碎葉」『歴史研究』2007-2, pp. 15-31.
文 欣 2007:「唐代差科簿制作過程」『歴史研究』2007-2, pp. 43-59.
陳 昊 2007:「“暦日”還是“具注暦日”」『歴史研究』2007-2, pp. 60-68.
孟 憲實 2007:「唐代府兵“番上”新解」『歴史研究』2007-2, pp. 69-77.

吐魯番文書関係の論考が目白押し.

|

« 雪です | トップページ | 鐘江宏之『地下から出土した文字』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/17023772

この記事へのトラックバック一覧です: 『歴史研究』2007-2:

« 雪です | トップページ | 鐘江宏之『地下から出土した文字』 »