« 新疆・吐魯番調査第7日 | トップページ | 『中央ユーラシアを知る事典』 »

2007/11/09

平成19年度九州史学会大会

シンポジウム「文書からみた東アジアの戦争と外交」
2007年12月8日(土)13:30〜
九州大学法文系講義棟101番教室

舩田善之(九州大学)「日本宛外交文書からみたモンゴルの文書形式の展開」
森平雅彦(九州大学)「交戦期における高麗とモンゴルの往復文書をめぐって」
佐伯弘次(九州大学)「日本中世の外交文書と「辺牒」」
四日市康博(九州大学)「ユーラシアの東と西におけるモンゴル文書形式の影響」
青格力(中国社会科学院)「モンゴル帝国の外交文書」

舩田さんからご案内を頂戴した.ありがとうございました.
翌日の東洋史部会・イスラム文明史部会にも興味深い報告が予定されている.

|

« 新疆・吐魯番調査第7日 | トップページ | 『中央ユーラシアを知る事典』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/17019263

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年度九州史学会大会:

« 新疆・吐魯番調査第7日 | トップページ | 『中央ユーラシアを知る事典』 »