« 『歐亞學刊』6+7, 2007 | トップページ | カラコルム遺跡出土陶磁器の研究 »

2007/10/01

『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』

孫 伯君 2007:「徳藏吐魯番所出西夏文『郁伽長者問經』殘片考」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 30-36.
張 鐵山 2007:「莫高窟北區B128窟出土回鶻文『慈悲道場懺法』殘葉研究」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 37-47.
劉 戈 2007:「回鶻文契約三種文字的譯本及其存在的問題」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 48-62.
王 紅梅・楊 富學 2007:「回鶻文藏密經典所見“七寶”考」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 63-73.
王 新青 2007:「回鶻語 tängri, qaγan, xan 語源考」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 74-92.
嘎日迪 (Garudi) 2007:「近十幾年来敦煌石窟區考古發現中的蒙古文文獻」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 166-170.
敖特根 (Otgon) 2007:「莫高窟北區出土蒙古文殘文書B119:7」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 171-191.
夏 雷鳴 2007:「從怯廬文文書看鄯善國僧人的社會生活」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 202-219.
李 樹輝 2007:「博采衆長・兼容并蓄的高昌回鶻文化」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 259-300.
朱 悦梅 2007:「甘州回鶻與周邊政権的關係及其特點」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 301-320.
李 正宇 2007:「“曲尤”考」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』上冊,三秦出版社,pp. 489-498.
鄭 炳林 2007:「晩唐五代河西地區的居民結構研究」『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』下冊,三秦出版社,pp. 671-703.

今夏の中国出張中,その筋ではよく知られた敦煌の石室書店にて購入,別送していたもの.
2〜3年ほど前に開催された学会の報告論文集だが,上下2冊に多数の論考が含まれる.
上掲の論文はやはり個人的な関心でメモしたもの.
特に,この間敦煌北区文書を読み直しているOtgon氏の研究には今後とも要注目だろう.

|

« 『歐亞學刊』6+7, 2007 | トップページ | カラコルム遺跡出土陶磁器の研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/16590806

この記事へのトラックバック一覧です: 『絲綢之路民族古文字與文化藝術討論會文集』:

« 『歐亞學刊』6+7, 2007 | トップページ | カラコルム遺跡出土陶磁器の研究 »