« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/30

ウルムチにて

耿 世民 2003:『維吾爾古代文獻研究』中央民族大學出版社.
王 書慶・楊 富學 2006:『敦煌佛教與禪宗研究論集』香港天馬出版有限公司.
田 衞疆 2006:『高昌回鶻史稿』新疆人民出版社.

先日来,科研出張のため烏魯木斉・吐魯番・敦煌を歴訪して本日帰国.
これはいずれもウルムチ南門脇の小書店にて.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/26

『世界史の教室から』

小田中 直樹 2007:『世界史の教室から』山川出版社.

いったんは生協ネットで入手不可となったのだが,なんとか調達できた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/22

笠井幸代さんより

Kasai, Y. 2007: Rezension zu Ablet Semet, Lexikalische Untersuchungen zur uigurischen Xuanzang-Biographie, Wiesbaden, 2005. Orientalische Literaturzeitung 102-2, pp. 247-252.

影印を拝領.笠井さんありがとうございました.
Ablet 氏の玄奘伝研究はなかなかに便利だと思っていたが,この書評によれば完璧とはいえないようだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/18

Peter Zieme 先生より

Zieme, P. 2005: La poésie en turc ancien d’après le témoignage des manuscrits de Turfan et Dunhuang. Comptes Rendus de l’Académie des Inscriptions & Belles-Lettres 2005, nov.-déc., pp. 1145-1168.

抽印を拝領.Zieme先生いつもありがとうございます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/14

国際学会原稿

9月の国際学会に向け,英文原稿を事務局宛送信.
ドゥワ文書を用い,1290/1302年段階ではチャガタイ=ウルスのトゥルファン支配はやはり初歩的段階にあったと話すこととした.
ようやく集中してとりかかることができたのは,研究室撤収作業と採点作業を終えてからで,いかんせん時間が足りなかったが,なんとか締切りには間に合わせることができて一安心.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/09

オープンキャンパス

昨日はみちのくとは思えぬ蒸し暑さと雨天をついて勤務先のオープンキャンパス.
当方は公式行事には関係せず,撤収後の研究室で最終的な片付け確認を行なっていたところに,ふらりと一人の高校生が現われる.
なんでもアジア史に興味があるとのことなので,立ち話(なにしろイスも撤去済みなので)ながらついつい小難しい講釈も垂れてしまった.
来春,美しく新装なっているであろう(?)研究室での再会を約す.
AM高校の某君,ひょっとしたらこのエントリも読んでいますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

採点終了

研究室閉鎖とともに前期講義の採点も終了.
今年からオンラインでの成績登録システムが導入され,手書きの成績票にくらべて転記の手間と気遣い(OCRで判読させるため,数字の書き方の注意を要する)がなくなったのはありがたい.
ただし,学外からアクセスできないのは難.信州大学のように自宅からでも操作できればもっと便利なのだが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/06

松井研究室は一時閉鎖します

今月から弘前大学人文学部は校舎の耐震補強のための改修工事を行ないます.
これに伴い,本日から11月中旬までの3ヶ月間,研究室を閉鎖することとなりました.
この間,研究室への直通電話・FAXも不通となります.
松井へのご連絡には電子メールをご利用下さい.

改修中の代替研究室として図書館の相部屋を用意されていますが,なにぶん不便ですので,そちらにはあまり現れないと予想されます.
研究室の蔵書類もほとんどが貸倉庫に保管されるため,この間は参照することもできません.
もろもろ不如意につき,お仕事について十分な対応ができないかもしれませんこと,あらかじめご高承・ご海容をお願いする次第です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

赤坂恒明さんから

赤坂 恒明 2007:「バイダル裔系譜情報とカラホト漢文文書」『西南アジア研究』66, pp. 43-66.

抽印を拝領.律儀にもネタ元として私の名前を出してくださっていることにも深謝.
東方チャガタイ勢力がハミを越えてリュクチュンにまで進出していたという後半の議論には問題なしとしないが(5月の口頭発表へのレポートでも指摘済み),これは14世紀以降の東部天山の政治情勢がよくわかっていないことに起因するわけで,当方への問題提起と受け止めることにしたい.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/08/03

『東方学会報』92,2007

石塚晴通「国際学会参加報告:1907-2007,敦煌の百年」は今春ロンドンで開催された標記学会のルポ.
また,今秋の全国総会の予定も載る.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »