« 東方學研究所聖彼得堡分所收藏哈喇浩特及西域出土中世紀蒙古文文獻研究 | トップページ | 『黒水城人文與環境研究』 »

2007/06/16

『KOTONOHA』53, 54

古代文字資料館(愛知県立大学)

53号(2007.4)
中村 雅之「『華夷譯語(甲種)』漢字音訳の基礎方言」
吉池 孝一「女真進士題名碑の拓本について」

54号(2007.5)
中村 雅之「官話と北京語」

吉池孝一先生から拝領.吉池先生ありがとうございました.
『元朝秘史』漢字音訳が南方音を基礎とするという中村氏の所説は,先行研究に対する批判をもう少し詳論してほしいところ.

|

« 東方學研究所聖彼得堡分所收藏哈喇浩特及西域出土中世紀蒙古文文獻研究 | トップページ | 『黒水城人文與環境研究』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/15429895

この記事へのトラックバック一覧です: 『KOTONOHA』53, 54:

« 東方學研究所聖彼得堡分所收藏哈喇浩特及西域出土中世紀蒙古文文獻研究 | トップページ | 『黒水城人文與環境研究』 »