« ワークショップ「シルクロード出土文物研究の新展開」
(第1次案内)
| トップページ | 新着 »

2007/05/19

『敦煌写本研究年報』創刊号

京都大學人文科學研究所・西陲發現中國中世寫本研究班,2007.3

高田 時雄「李滂と白堅」
齋藤 智寛「中央研究院歴史語言研究所傅斯年圖書館藏「敦煌文獻」漢文部分敍録補」
山口 正晃「敦煌研究院藏「北魏敦煌鎮軍官籍簿」(敦研068號)について」
辻 正博「『格式律令事類』殘卷の發見と唐代法典研究」
永田 知之「唐代喪服儀禮の一斑――書儀に見える「禫」をめぐって」
米田 健志「敦煌本『續集古今佛道論衡』と『漢法本内傳』の僞作とについて」
松浦 典弘「敦煌尼僧関係文書管見」
王 丁「吐魯番出土的唐代唯識學文獻小考」
岩尾 一史「吐蕃支配下敦煌の納入寄進用リスト」
山本 孝子「敦煌・吐魯番文獻圖録・目録集覽稿(1)」

執筆陣の一人,王丁さんからご教示いただいて刊行を知り得た.王丁さんありがとうございました.
こちらのリンクからPDFファイルを閲覧可能.

|

« ワークショップ「シルクロード出土文物研究の新展開」
(第1次案内)
| トップページ | 新着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/15101775

この記事へのトラックバック一覧です: 『敦煌写本研究年報』創刊号:

« ワークショップ「シルクロード出土文物研究の新展開」
(第1次案内)
| トップページ | 新着 »