« 關尾史郎先生より | トップページ | 『歴史学研究』 »

2007/04/30

『グローバル化時代の人文学』

平田 昌司 2007:「中華文明の骨格」紀平英作(編)『グローバル化時代の人文学』上,京都大学学術出版会,pp. 5-29.
濱田 正美 2007:「テュルク人とイスラーム」紀平英作(編)『グローバル化時代の人文学』上,京都大学学術出版会,pp. 53-82.
中務 哲郎 2007:「古代ギリシア人の世界意識と歴史記述」紀平英作(編)『グローバル化時代の人文学』上,京都大学学術出版会,pp. 149-170.
吉田 和彦 2007:「言語からみたインド・ヨーロッパ世界」紀平英作(編)『グローバル化時代の人文学』上,京都大学学術出版会,pp. 171-193.
杉山 正明 2007:「ユーラシア世界史から人類史へ」紀平英作(編)『グローバル化時代の人文学』上,京都大学学術出版会,pp. 194-220.
夫馬 進 2007:「明朝中国による対朝鮮外交の鏡としての対ベトナム外交」紀平英作(編)『グローバル化時代の人文学』下,京都大学学術出版会,pp. 225-252.

濱田・杉山両先生が期せずして?オグズ=カガン説話を扱っているのが注目される.

|

« 關尾史郎先生より | トップページ | 『歴史学研究』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14853429

この記事へのトラックバック一覧です: 『グローバル化時代の人文学』:

« 關尾史郎先生より | トップページ | 『歴史学研究』 »