« 大澤孝先生より | トップページ | 『グローバル化時代の人文学』 »

2007/04/29

關尾史郎先生より

關尾 史郎 2006:「莫高窟北區出土“大涼安樂三年 (619) 二月郭方随葬遺物疏”的兩三箇問題」『敦煌吐魯番研究』9, pp. 111-122.
關尾 史郎 2006:「從吐魯番帶出的“五胡”時期戸籍殘巻兩件」『吐魯番學研究──第二届吐魯番學國際學術研討會論文集』上海辭書出版社,pp. 180-190.

これも先般抜刷を頂戴していたもの.關尾先生,あらためてお礼申し上げます.
前者の「安楽3年」文書は私も昨年敦煌で実見した.
後者のCh6001v文書の釈文で,現在利用されないMIK番号を提示するのは誤解を招く畏れがあるかも.

|

« 大澤孝先生より | トップページ | 『グローバル化時代の人文学』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14884885

この記事へのトラックバック一覧です: 關尾史郎先生より:

« 大澤孝先生より | トップページ | 『グローバル化時代の人文学』 »