« 旅順博物館展(今年) | トップページ | 黄河下流域の歴史と環境 »

2007/03/28

抜刷

飯山 知保・井黒 忍・舩田 善之・小林隆道 2006:「北鎮訪碑行報告」『史滴』28, pp. 01-015.
塩 卓悟 2007:「唐宋代の屠殺・肉食観」『史泉』105, pp. 20-33.
舩田 善之 2007:「山東日照・諸城の元代石刻の現状」『東アジアと日本:交流と変容』4, pp. 11-20.
舩田 善之 2007:「モンゴル時代における民族接触とアイデンティティの諸相」『東アジアと日本:交流と変容:統括ワークショップ報告書』九州大学, pp. 19-29.
福島 恵 2007:「唐代的粟特人與“東亞海”交流」『中國史研究』46, pp. 65-78.
森田 憲司 2006:「系譜史料としての新出土墓誌:臨海出土墓誌群を材料として」『奈良史学』24, pp. 53-77.

いずれも遼金西夏史研究会大会にて.
皆さんありがとうございました.

|

« 旅順博物館展(今年) | トップページ | 黄河下流域の歴史と環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14430214

この記事へのトラックバック一覧です: 抜刷:

« 旅順博物館展(今年) | トップページ | 黄河下流域の歴史と環境 »