« 第30回中央アジア学フォーラム | トップページ | Florilegia Altaistica »

2007/03/03

大阪・今城塚古墳

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000002-san-soci

大阪・今城塚古墳 強まる継体天皇陵説
3月2日8時0分配信 産経新聞

 真の継体(けいたい)天皇陵との説が有力な大阪府高槻市郡家新町の今城塚(いましろづか)古墳(6世紀前半)で、横穴式石室を支える巨大な石組み跡が見つかり、高槻市教育委員会が1日、発表した。宮内庁は継体天皇陵として大阪府茨木市の太田茶臼山古墳(5世紀後半)を指定しているが、今回の発見で大王クラスを埋葬する横穴式石室があったことが裏付けられ、今城塚の継体天皇陵説はさらに強くなった。
 天皇陵は宮内庁が管理するため大規模な調査が行われておらず、天皇陵クラスの墳丘の内部構造が判明したのは初めて。出自や即位の経緯に謎が多く「征服王朝説」もある継体天皇の実態に迫る第一級の資料でもある。


私は今城塚すぐ南にある某高校の出身.
当時から,日本史の先生は今城塚が継体陵だとよく話しておられた.
それを知りながら,高校の文化祭では戦隊モノの自主映画を作成し,今城塚のあちこちでロケした(戦隊モノだから爆竹とかたくさん使ったなあ)ことを思い出す.
ともあれ文化財は大事にしてほしいものだ.

|

« 第30回中央アジア学フォーラム | トップページ | Florilegia Altaistica »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14101840

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・今城塚古墳:

« 第30回中央アジア学フォーラム | トップページ | Florilegia Altaistica »