« ERENにて(その2) | トップページ | AA研「イスラーム写本・文書資料の総合的研究」研究会 »

2007/03/10

栗生沢猛夫『タタールのくびき』

栗生沢 猛夫 2007:『タタールのくびき──ロシア史におけるモンゴル支配の研究──』東京大学出版会.

第1部でモンゴル帝国のロシア支配状況が縦横に論じられる.
特に税役制度については現在準備中の拙稿にも反映させる必要がある.

|

« ERENにて(その2) | トップページ | AA研「イスラーム写本・文書資料の総合的研究」研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14141744

この記事へのトラックバック一覧です: 栗生沢猛夫『タタールのくびき』:

« ERENにて(その2) | トップページ | AA研「イスラーム写本・文書資料の総合的研究」研究会 »