« ERENにて(その1) | トップページ | 栗生沢猛夫『タタールのくびき』 »

2007/03/08

ERENにて(その2)

Kâşgarlı Mahmûd, Divanü Lugati't-Türk. Istanbul, 2005.
Orkun, H. N. 1987: Eski Türk Yazıtları. Ankara.
Tekin, T. 2004: Irk Bitig: Eski Uygurca Fal Kitabı. Ankara.
Tekin, T. 2004: Makaleler II: Tarihi Türk Yazı Dilleri. Ankara.

さすがにカーシュガリーの辞書はトルコ語訳まで出ている.
ETYはもはや研究史的な意義しかないが,しかし持ってしかるべき.
Tekin先生の2冊,Irq bitig は Harrasowitzで出版されたもののトルコ語版かもしれない.
Makaleler 第2冊には古ウイグル語に関する言語学的論文が多々収載.
第1冊は在庫が無いと言われたが,日本に戻ってネットを見るとあるではないか.これは大らかなトルコ人気質のせいか.

|

« ERENにて(その1) | トップページ | 栗生沢猛夫『タタールのくびき』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14091600

この記事へのトラックバック一覧です: ERENにて(その2):

« ERENにて(その1) | トップページ | 栗生沢猛夫『タタールのくびき』 »