« 黄河下流域の歴史と環境 | トップページ | 写真展「鳥居龍蔵博士撮影の中国東北部(旧満州)と中国西南地方」 »

2007/03/30

『東方』313, 2007

森部 豊 2007:「今,契丹研究がおもしろい!:武田和哉(編)『草原の王朝・契丹国(遼朝)の遺跡と文物』」『東方』313, pp. 24-26.
澁谷 浩一 2007:「清朝と内陸アジアの関係を研究するための第一級史料:『清内閣蒙古堂档』」『東方』313, pp. 31-34.

これも森部豊先生から拝領.森部さんありがとうございます.
内陸アジア関係の重要書籍に関する書評2本.

|

« 黄河下流域の歴史と環境 | トップページ | 写真展「鳥居龍蔵博士撮影の中国東北部(旧満州)と中国西南地方」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14457988

この記事へのトラックバック一覧です: 『東方』313, 2007:

» 中国と日本、日本戦国時代の食事習慣 [中国から見た中国と日本の違い]
 十六世紀は日本の戦国時代であった。 戦国時代の、織田信長は文武兼備の猛者で、連戦連勝とは言えないが戦国時代を終焉させた。そして、日本の映画・テレビで戦国時代の英雄として良く登場している。 戦役に勝ったら、無論宴席を設けて祝う。新年の当然盛んに飲...... [続きを読む]

受信: 2007/04/23 21:07

« 黄河下流域の歴史と環境 | トップページ | 写真展「鳥居龍蔵博士撮影の中国東北部(旧満州)と中国西南地方」 »