« 『KOTONOHA』49, 50 | トップページ | 大阪・今城塚古墳 »

2007/03/02

第30回中央アジア学フォーラム

2007年3月31日(土)13:30〜,大阪大学文学部第一会議室

向正樹(大阪大学)「書評:From Palmyra to Zayton: Epigraphy and Iconography」
武内康則(京都大学)「契丹文字研究の現状と課題」
白玉冬(大阪大学)「サンダビル問題(サンダビルを契丹の上京に比定)」
坂尻彰宏・佐藤貴保・赤木崇敏(大阪大学)「張掖漢蔵合壁西夏黒水橋碑再考」
吉田豊(京都大学)「ベルリンの仏教ソグド語文献について:新発見資料など」

|

« 『KOTONOHA』49, 50 | トップページ | 大阪・今城塚古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/14091580

この記事へのトラックバック一覧です: 第30回中央アジア学フォーラム:

« 『KOTONOHA』49, 50 | トップページ | 大阪・今城塚古墳 »