« 内なる他者=周辺民族の自己認識の中の「中国」 | トップページ | 道に歴史あり!〜吉田松陰の足跡とあおもり〜 »

2007/01/17

『正倉院の世界』

(別冊太陽・日本のこころ143)平凡社,2006.10.

長澤和俊先生が「正倉院宝物の源流と東西交易」を寄稿(pp. 137-155)

|

« 内なる他者=周辺民族の自己認識の中の「中国」 | トップページ | 道に歴史あり!〜吉田松陰の足跡とあおもり〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/13541449

この記事へのトラックバック一覧です: 『正倉院の世界』:

« 内なる他者=周辺民族の自己認識の中の「中国」 | トップページ | 道に歴史あり!〜吉田松陰の足跡とあおもり〜 »