« V. Rybatzki, Die Personennamen und Titel der Mittelmongolischen Dokumente | トップページ | 卒論口頭試問 »

2007/01/30

『東洋史研究』65-3, 2006

古松 崇志 2006:「法均と燕京馬鞍山の菩薩戒壇」『東洋史研究』65-3, pp. 1-38.
守川 知子 2006:「国境にみる「近代化」と聖地参詣者」『東洋史研究』65-3, pp. 39-71.
大原 嘉豊 2006:「中国・日本の中世における王権と仏教との関係」『東洋史研究』65-3, pp. 82-98.
濱本 真実 2006:「タタール商人の町カルガルの成立」『東洋史研究』65-3, pp. 33-65(横)
高橋 文治 2006:(書評)宮紀子『モンゴル時代の出版文化』『東洋史研究』65-3, pp. 99-108.

など.

|

« V. Rybatzki, Die Personennamen und Titel der Mittelmongolischen Dokumente | トップページ | 卒論口頭試問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/13718654

この記事へのトラックバック一覧です: 『東洋史研究』65-3, 2006:

« V. Rybatzki, Die Personennamen und Titel der Mittelmongolischen Dokumente | トップページ | 卒論口頭試問 »