« 『文物』2006-11 | トップページ | 内なる他者=周辺民族の自己認識の中の「中国」 »

2007/01/14

『文史』2006-4

樓 勁 2006:「道武帝所立廟制與拓跋氏早期世系」『文史』2006-4, pp. 45-79.
劉 浦江 2006:「“糺鄰王”與“阿保謹”──契丹小字『耶律仁先墓誌』二題──」『文史』2006-4, pp. 105-115.
劉 鳳翥・唐 彩蘭・高娃・李建奎 2006:「遼代『耶律隆祐墓誌銘』和『耶律貴墓誌銘』考釋」『文史』2006-4, pp. 116-142.

キタイ字碑文を扱うものが並ぶ.

|

« 『文物』2006-11 | トップページ | 内なる他者=周辺民族の自己認識の中の「中国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/13401733

この記事へのトラックバック一覧です: 『文史』2006-4:

« 『文物』2006-11 | トップページ | 内なる他者=周辺民族の自己認識の中の「中国」 »