« 内陸アジア史学会にて | トップページ | 『史学雑誌』115-10, 2006 »

2006/11/13

雪です

京都での内陸アジア史学会から弘前に戻ってきたら何と大雪.
青森空港滑走路の除雪が必要だったので15分遅れて着陸.
A0004285
左は空港から市内へ向かう山道.
予期せぬ雪のため,どのクルマも夏タイヤで,ノロノロ運転.
加えてこの場所は,工事のため1車線通行になっているのだが,その工事とはなんとロードヒーティング設置.まさにドロナワ.
どうして雪が降る前に工事を終わらせておかないのだろうか?

A0004290
こちらは浪岡市内を通過中.
降っているのはみぞれだが,路面凍結の可能性もあるのでやはりノロノロ.


雪国の冬の到来を実感する1日であった.

|

« 内陸アジア史学会にて | トップページ | 『史学雑誌』115-10, 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/12662817

この記事へのトラックバック一覧です: 雪です:

« 内陸アジア史学会にて | トップページ | 『史学雑誌』115-10, 2006 »