« 日本モンゴル学会2006年度秋季大会 | トップページ | 山岡泰造・肥塚隆・曽布川寛『東洋の美術』 »

2006/10/27

耐震偽装ならぬ「単位偽装」

珍しく時事ネタで.
大学で外国史を教えている立場としては「今さら」感も否めない.
何しろ,講義でアンケートをとると「高校で世界史をとったことが無かったので」云々と堂々と書いてくる学生が少なからずいたぐらいなので.
それにしても,このネタがどうして「今さら」表沙汰になったのかが疑問だ.
ひょっとしたら桂堂徒然氏のこの記事あたりが火元かもしれない(その場合,彼は全国の教委・教員の怨嗟の的になるだろうから,そうでないことを祈っておこう)
ともあれ,これで「世界史をちゃんと履修させよう」となってくれば外国史担当教員としてはありがたいのだけれども,おそらく「実態がこうなんだから,世界史は必修から外してしまおう」と安直に流れる可能性の方が高いだろうなあ.

|

« 日本モンゴル学会2006年度秋季大会 | トップページ | 山岡泰造・肥塚隆・曽布川寛『東洋の美術』 »

コメント

なっ、なんだってー!(AA略

そりゃないっすよ、ダイ先輩(涙)。こんな感じで、すでに以前から表沙汰になっております。
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/020329ke50200.html
http://kumanichi.com/news/kyodo/index.cfm?id=20061025000419&cid=main

投稿: 桂堂徒然 | 2006/10/31 21:26

おお!桂堂徒然さま光臨の上コメント多謝です.
そちらが火元というのはもちろん冗談です(たぶんアベ「教育重視」政権の意図が働いているんでしょうね)
しかし,ご教示のリンクでは4年も前から表沙汰だったとのことで,大いにびっくりしました.
これって有印公文書偽造という立派な刑事犯罪だと思うのだけれども,世間的にはなあなあで収束しそうですねえ....

投稿: dmatsui | 2006/11/01 01:18

単位偽装で裏口卒業させる「教育者」とはいかなる存在か?通常の想像力の及ばない物があります。問題の根っこが受験万能の風潮にあるのは明らか。高校が中等教育機関の態をなしていないのなら、高校卒業検定(卒検)が必要だろう。

投稿: maha-rao | 2006/11/21 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/12447806

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽装ならぬ「単位偽装」:

« 日本モンゴル学会2006年度秋季大会 | トップページ | 山岡泰造・肥塚隆・曽布川寛『東洋の美術』 »