« 『北方世界の交流と変容』 | トップページ | 『KOTONOHA』45, 46 »

2006/10/05

東洋史研究会大会

11月3日(祝)9:00〜18:00,京都大学文学部新館第3講義室

井黒 忍「区田法の「復活」実施に見る金元時代の農業政策」
武内 紹人「古チベット文献研究の現段階」
楊 海英「アルジャイ石窟の興亡から見たモンゴルの仏教信仰の歴史的変遷」
森本 一夫「イブン・イナバ——ティムール朝初期のサイイド/シャリーフ系譜学者をめぐって——」

さらには学会のHPを参照.

|

« 『北方世界の交流と変容』 | トップページ | 『KOTONOHA』45, 46 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/12131552

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋史研究会大会:

« 『北方世界の交流と変容』 | トップページ | 『KOTONOHA』45, 46 »