« 東洋史研究会大会 | トップページ | 武田和哉(編)『草原の王朝・契丹国(遼朝)の遺跡と文物』 »

2006/10/06

『KOTONOHA』45, 46

古代文字資料館(愛知県立大学)

45号(2006.8)
中村 雅之「近世音資料における果摂一等(舌歯音)の扱い」
竹越 孝「『朴通事新釋』と『朴通事新釋諺解』における異同について」
吉池 孝一「清代古銭書にみるパスパ文字の判読」

46号(2006.9)
中村 雅之「パスパ字漢語研究の黎明」
竹越 孝「『至元譯語』漢語語彙索引」
吉池 孝一「乾隆嘉慶年間におけるパスパ文字銭の判読と蒙古字韻の利用」

吉池孝一先生から拝領.吉池先生ありがとうございました.
46号の竹越氏による索引は便利.Ligeti / Kara (AOH 1990) を使ってモンゴル語転写との対照もしてくれればもっとありがたいのだが,これは望蜀というものだろう.

|

« 東洋史研究会大会 | トップページ | 武田和哉(編)『草原の王朝・契丹国(遼朝)の遺跡と文物』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/12132350

この記事へのトラックバック一覧です: 『KOTONOHA』45, 46:

« 東洋史研究会大会 | トップページ | 武田和哉(編)『草原の王朝・契丹国(遼朝)の遺跡と文物』 »