« 『中国近世における国家と禅宗』 | トップページ | 耐震偽装ならぬ「単位偽装」 »

2006/10/25

日本モンゴル学会2006年度秋季大会

2006年11月25日(土),13:00〜17:30
大谷大学1号館1113教室

第1部 シンポジウム「モンゴル仏教の起源に関する諸問題」
沈衛栄(中国人民大学)"On the Tangut Background of Mongolian Adoption of Tibetan Tantric Buddhism"
 コメンテーター:松澤博(龍谷大学)
ジャルサン(内蒙古大学)「6世ダライラマ秘伝とアルシャー南寺」
 コメンテーター:今枝由郎(フランス国立科学研究センター)
討論

第2部 研究発表
ボルジギン・ウルジ(筑波大学)「モンゴル語の所謂自動詞受身について」
王慶憲(内蒙古大学)「西漢時代の属国(匈奴)について」
ボインデルゲル(内蒙古大学)「清内閣蒙古堂档簡介」

第3部 講演
松田孝一(大阪国際大学)「モンゴル帝国時代の末子相続について」
アヨーダイ・オチル(モンゴル国立民族歴史博物館)「モンゴルのオトクについて」

羽田記念館講演会とかぶってしまい,どちらを選ぶか悩ましいところだ.
そもそも上洛できる可能性自体がいささか低いのだが....

|

« 『中国近世における国家と禅宗』 | トップページ | 耐震偽装ならぬ「単位偽装」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117703/12389729

この記事へのトラックバック一覧です: 日本モンゴル学会2006年度秋季大会:

« 『中国近世における国家と禅宗』 | トップページ | 耐震偽装ならぬ「単位偽装」 »